英会話を上達させる勉強方法ならインプット・アウトプットを意識することが大切!

みなさんは、英会話を上達させるためには何が大切だと思いますか?

英会話の学校に通うこと?

海外留学に行くこと?

自分にあった英会話教材を買うこと?

外国人ともっと話をすること?

どれも大切なことに間違いはありません。

ですが、

一番大切なことは

英会話が上達する方法で英語を勉強をすること。

これに尽きると私は思います。

英会話を上達させる勉強方法とは?

じゃあ、どういう勉強方法が英会話が伸びる勉強方法なのか?

その答えはめちゃめちゃシンプルで、

インプットした英語をアウトプットしてあげる。

この方法が一番英会話の上達に早く近づけることができる勉強方法になります。

具体的にどういうことかというと、

テキストや映画などで覚えた英語、イディオム、英文法。

普通は頭の中だけで覚えておこうとしておきます。

ですが、

ただ単に頭の中に閉まっておくだけでは意味がありません。

それを実際に使ってみる。

ネイティブの人や外国人との会話で使ってみたり、自分でしっかりと声に出して発音をしてみる。

そうやってアウトプットしてあげるんです。

頭の中にインプットした英語。

これをアウトプットしてあげる。

このインプット→アウトプットのサイクルを何度も繰り返し実行していくことにより、その英語がどんどん記憶の中に定着します(つまり、脳の中にしっかりと残ってくれるということ)

英語が定着すれば、ボキャブラリーがそれだけ増えていき、会話の表現が広がります。

結果、英会話が上達するんですよね!

インプット→アウトプットの具体的な方法

じゃあ、実際にどうやってインプット・アウトプットのサイクルをまわしていくのか?

具体的な方法について説明をしたいと思います。

例えば、

「try to 動詞」という表現を学んだとします。

普通はここで

「こういう表現もあるのね!わかったわ!じゃあ、次々!!」

ってサクサク勉強を進めて行くんですけど、そのままではこれまでと同じ勉強方法。

アウトプットがおろそかになってしまいます。

ここで大切なことは、実際に使うということ。

インプットした英語をしっかりとアウトプットをするためにも、インプットした「try to 動詞」の表現を実際にネイティブもしくは外国人相手に使ってみたり、自分で声に出して発音をしたりします。

それを何度も繰り返していきます。

繰り返していくうちに、「try to 動詞」がちゃんと自分の英会話の表現の一つとして定着します。

これがインプット→アウトプットのサイクル。

すごくシンプルで簡単ですけど、実際本当にそうです(笑)

何も難しいことは必要ありませんし、何か特別なことをやる必要もありません。

ともすれば、暗記の作業になりがちな英語の勉強ですが、このインプット→アウトプットを意識しておくと、楽しく勉強を続けることが出来ますよ。

続けるから結果がでる。

結果が出るから楽しくなる。

まさに好循環なんです。

まとめ

スポーツや車の運転もそうです。

間違った方法で練習をしても一向に上達しません。

上達しないということは、それだけの時間や費用を無駄にしてしまうということです。

英会話も同じです。

英会話が上達しない勉強方法で勉強をしているから、どれだけ時間をかけても一向に上達しないんです。

上達する方法で勉強をする。

これがとても大切なことなんです。

当たり前といえば当たり前なんですけど、それが出来ている人は少ないのが現状です。

だから、

英語がペラペラになる人が少ないんですよ。

私が愛用している英会話教材プライムイングリッシュは、このインプット→アウトプットの理論がベースに作られています。

まずは英語を聞く。

その後に実際に使ってみる。

これを丁寧に丁寧に実践していきます。

だから、

プライムイングリッシュを使って勉強をすると英会話が上達するんですよね。

いずれにしても、

これから英会話が上達させたい人はこのインプット→アウトプットをしっかりと意識して英語の勉強をしてみてください。

きっとこれまでよりも大きな伸びを実感できると思いますから。